« メリー・クリスマス! | トップページ | 今年見た舞台。 »

2006年12月27日 (水)

今年見た映画。

明日から急激に冷えこむようで、
我が家の近辺ではいきなり雪国になりそうな勢いです。
お出かけの際にはくれぐれも暖かくして、
足元にも充分お気をつけください。

そろそろ見納めということで、
今年映画館で見た映画を数えてみると、のべで49本、
もっとも、気に入るとリピートしてしまうので、実質のトータルは42本でした。
「プロデューサーズ」と「Xmen ファイナルディシジョン」が4回ずつで、
ほかに2回見たものがありました。
プロデューサーズは見始めが遅かったので(大失敗~TT)、
本当はもっと見たかったくらいでした。
「ヴァン・ヘルシング」の時に結局5回リピートしてしまった反省?から、
「Xmen」は前売りをとりあえず3枚買っておいたのですが、
充分見た!と納得して気持ちよく見終われました。
一般的に言えば見すぎですが;;。

しみじみと、見てよかったと思う作品は(見た順に)。
「プロデューサーズ」
「ナイロビの蜂」
「グッドナイト&グッドラック」
「かもめ食堂」
「戦場のアリア」
「トランスアメリカ」
「父親たちの星条旗」&「硫黄島からの手紙」
「トンマッコルへようこそ」
「トゥモロー・ワールド」
「キンキー・ブーツ」
「リトル・ミス・サンシャイン」

日常のしみじみとした幸せ系と、戦時下のドラマ、社会派のものに
いいなと思うものが多かったです。
なぜかゲイの方の出る映画も多かったような。時代かな・・・?
(ちなみに「ブロークバック・マウンテン」も見たのですが、
こちらは私のツボにはまりませんでした;;。)

そのほかとても楽しめたものは、
「ニュー・ワールド」
「Xmen ファイナルディシジョン」
「ファウンテン」
でしょうか。

「ニュー・ワールド」のドキュメンタリー調のカメラも結構好きでしたが、
クリスチャン・ベール目当てで見たのは内緒。←バレバレ。
前半はちょっとしんどかったかも(爆)。
(ベール君というと、今年の初めに個人的に祭り状態に入っていましたが、
変わったところで、「ハウルの動く城」の吹替が、
キムタクとは違うハウルになっていて結構ツボでした^^。)
「Xmen」と「ファウンテン」は、待って待って、やっとの日本上陸です!
とことん見ました(^^;)。
お話もよくまとめてあって、私は楽しんで見ましたが、
2年ぶりのヒュー様映画、見られるだけで感激ものでした。


一方、結局見逃してしまって、残念だったのは、
「ホテル・ルワンダ」
「白バラの祈り」
「ユナイテッド93」
「プルートで朝食を」

(あと、「スーパーマンリターンズ」も入れておこうかな。)

「麦の穂を揺らす風」と「イカとクジラ」は来年のお楽しみです(^^)。

|

« メリー・クリスマス! | トップページ | 今年見た舞台。 »

映画情報・よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メリー・クリスマス! | トップページ | 今年見た舞台。 »