« 今年の映画、来年の映画。 | トップページ | メリー・クリスマス! »

2006年12月24日 (日)

リトル・ミス・サンシャイン

「人生は勝たなきゃ意味がない」と
事あるごとに説教する困った父に振り回される
フーバー一家はみんなどこかちょっと変わった人ばかり。
「勝ち組になるための9段階理論」の売り込みに奔走する父リチャード。
ヘロインと女遊び?がやめられず老人ホームを追い出されたおじいちゃん。
家族にうんざりし、沈黙の誓いを立てているお兄ちゃんドウェ-ン。
苦しい家計を切り回しその分食卓に手を抜く妻シェリル。
そして少女ミスコンに出ることに意欲を燃やす屈託のない妹オリーブ。
そこに自殺未遂をはかった妻の兄フランクが引き取られてくる。
美少女コンテスト「リトル・ミス・サンシャイン」の予選に繰上げ当選したオリーブが
カリフォルニアでの大会に出られる!と大はしゃぎするも、
家計は苦しく、車で行くにもミッション車でシェリルにはお手上げ。
フランクは要観察の身で一人にできず、
仕事の連絡がつかず渋っていたリチャードの運転で、
全員でオンボロバスに乗ってコンテストに向かうことになるが、
何度も旅の中止の危機にみまわれます。

(以下白文字にします。)

最初に登場した自殺しかけたという妻の兄は
オリーブの素直な質問によどみなく答えていく。
「好きな人(男)に愛されなかった上、彼は自分のライバルとくっついた。
死にたくなったのはそのあとで、
そのライバルに天才奨学金を奪われたので自暴自棄になって自殺しようとした。」
・・・至極まともで拍子抜けしました。(ゲイだけど。)
子供たちに対しても理路整然と話をするいい伯父なのです。
彼の同室になる甥も、
言いたい放題の祖父と父にうんざりしつつも
妹に対してはとことん優しいお兄ちゃん。
道中にバスが故障し、皆で押しながらエンジンをかけないと走れなくなったり、
リチャードは仕事相手となかなか連絡がつかず、
なんとか本人を捕まえるも結局断られてしまったり、
伯父さんは途中で例のライバルとその恋人にでくわして悲しい思いをしたり、
おじいちゃんが倒れ(ヘロインのせい?)
結局亡くなってしまい、
皆で病院の窓から担ぎ出して一緒に会場まで連れて行ったり、
空軍志望の兄に妹が色覚テストをして、色の判別ができないことがわかり、
絶望して、もうこれ以上は付き合わない!と泣き伏したり、

なんだかもうてんこもり。

それでもなんとかたどり着いたミスコン会場。
すごいです、アメリカの美少女コンテスト。
大人顔負けというより、異常な世界。
こってりとメイクをしてドレスで飾り立て、大人のようなしなをつくり、
大人顔負けの歌やダンスやアクロバットを披露する美少女たち以上に、
それを賛美し褒め称える大人が、変。
孫に対して、
「お前は世界で一番可愛い女の子だ。
容姿だけじゃなく、聡明で心も美しい。」というじいちゃんの方が、
どんなに言動がぶっ飛んでいてもずっとまともです。

「レベルが違う、出ちゃだめだ」と止める父。
「あんな連中に妹が審査されるなんて耐えられない、やめさせろ」という兄。
本人がやりたがっているのだから止められないという母は、
「あなたが嫌ならやめてもいい。やめるのも勇気だと思う。
どうする?」と娘に問い、

娘は覚悟を決める。
おじいちゃんが振付けてくれてずっと一緒に練習したダンスだから。

そして出た結果は・・・なんとも痛快だったです。
さすがあのおじいちゃんの秘蔵っ子。
やっぱりあのじいちゃんだった・・・。
最後は家族の見事なチームワークでした。


なんだかあっちこっちでいちいち泣けてしまいました。
「負けるということは、はじめから諦めてなにもしないこと。
勇気を持って当たって砕ける人は負け犬じゃない。」
そんな言葉が最後に素直に心に沁みてきました。
笑って(泣いて)、元気が出る映画です。

気になったのが、いかに手抜きといえど、
食事が買って来たチキンとサラダ(これは作ったの?)とスプライトって、
アイスクリームのカロリーを気にしている場合ではないのでは。
(気にしているのは勝ちにこだわる父だけで、
あとの皆が結束してオリーブにアイスを食べさせようとするのが
微笑ましくて良かったですが。)
そして、最後に残った素朴な疑問が一つ。
アメリカでは子供のときに色覚検査はないのでしょうか。
あのタイミングではっきり宣告する伯父さん、さすがは学者・・・。

リチャード役のグレッグ・キニアは今年ブレイクしていると聞きますが、
「恋する遺伝子」しか見たことがありませんでしたm(_ _)m。←いかに見方が偏っているか;。
「アンノウン」にも出ているのですね。
ちなみに伯父さん役は、ヒゲでわかりませんでしたが、
「40歳の童貞男」のスティーブ・カレルでした。

|

« 今年の映画、来年の映画。 | トップページ | メリー・クリスマス! »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年の映画、来年の映画。 | トップページ | メリー・クリスマス! »