« ファンタジー映画の宣伝に思うこと。 | トップページ | ゴールデングローブ賞 »

2006年12月16日 (土)

熱やらい。

昼の回の映画を見たあと、気がつくと気分が悪くなっていた。
泣きすぎて頭が痛いからかな~と思って腹式呼吸を心がけながら帰宅し、
手を洗うと、なんだか表面がぴりぴりする。
もしかして、発熱??
・・・・・・呆然とした頭で考えてみる。
昨日の力仕事の筋肉痛が出ていて、腰も痛い(オイ)。
眼精疲労もそろそろピークを通り越して首とこめかみの凝りも限界。
これは疲れだな。熱だけだし、きっとそうだ。
流行りものじゃない。気のせい、気のせい。(自己暗示。)

しばらく横になってから、
『整体入門』(野口晴哉著 ちくま文庫)を取り出し、
風邪の対応を試してみることにしました。
(以下は省略部分もありますので、ご了承ください。)

「足湯」もしくは「脚湯」(踝もしくは膝が隠れるまでの湯を使用)
~消化器系統の風邪なら脚湯、呼吸器系統の風邪なら足湯~
①お湯は入浴時より2度高くし、冷めないように差し湯をしながら6分間両足をつける。
②足を乾いたタオルでよく拭いて、あまり赤くなっていない方の足をもう2分つける。
③よく足を拭いて、水を飲んで、すぐに寝る。
熱が下がった後、いったん平温以下になるので、その間はゆっくり寝て、平温に戻ったら普通通りに動いてもよいそうです。

一応葛根湯だけは飲み、足湯の方をやってみました。
なのでどれが効いたかわかりませんが、翌日にはおさまったので一安心。

体の左右のバランスの崩れがひどくなると風邪になり、
風邪を引き込むことによって体の歪みを正すのだ、と本にはあります。
(心当たり大有り・・・。)
足の冷え(特に甲)が良くないとのことなので(最近確かにひどかった)、
気をつけて乗り切らなくてはと思います。

ここのところ、ストレッチも呼吸法も全くやっていませんでした(←運動嫌い)。
通い易いヨガ教室がどこかにないかな~。

|

« ファンタジー映画の宣伝に思うこと。 | トップページ | ゴールデングローブ賞 »

カラダにいい話」カテゴリの記事

コメント

ブログのコメントはできるのが不思議なのですが・・・。
今日、足ツボに行きまして、左足の人差し指と中指がめちゃくちゃ痛かったです。うう、どこが悪いのやら。

投稿: てんてん | 2006年12月17日 (日) 19時13分

私はどこもかしこも痛いので(^^;)また教わってきます。
疲れが溜まりやすい季節なので時々ほぐしたほうがよいですよね。お大事に。

投稿: may | 2006年12月17日 (日) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ファンタジー映画の宣伝に思うこと。 | トップページ | ゴールデングローブ賞 »