« イブに指輪SEE。 | トップページ | 冬将軍来襲? »

2006年12月 1日 (金)

食わず嫌い 「007」

「トゥモロー・ワールド」の上映時間が合わず、
今日は「007 カジノロワイヤル」を見てきました。

実は私、一度も007シリーズをきちんと見たことがありません。
理由は「源氏物語が苦手」なのとほぼ同じです。
つまり女たらしに興味がない・・・(爆)。ファンの方すみませんすみませんすみません・・・
今回は新ボンド役が決まるまでの紆余曲折を
ずーっと見聞きしていたのもあって、
初めて見てみました。
<ボンドのキャラクターがどんなものか>を全く知らずに見た結果としては、
結構面白かったです。
なんというか、よく出来た、華やかなアクション映画でした。
(以下ネタばれも含んでいるところは白文字にいたします。)

このボンドは「00」ナンバーを貰ったばかりの若造君の設定なので、
まだそれほど女たらしでもなければ非情でもなく(そこそこ位ですか)、
若気のいたりで荒削りで無茶苦茶ですが、
まだまだ誠実さや可愛らしさがあるといいますか。
ばんばん人は殺してましたが、
笑顔に少年のような可愛らしさがありました。
(色気というより可愛さが。)

エヴァ・グリーン演じる会計士?と恋に落ちてからは、
この仕事をやめてもいい、と言って
退職願をメールで送信したのにはびっくりしました。
フツーの堅気の人だよこれ・・・。

飛んでも跳ねても潜っても
どんなアクションをしても毒を盛られても不死身で、
やたらと胸板を出してるし(それ以外もですが;)、
これが普通のボンドのキャラだとすると、
「ヴァン・ヘルシング」(注:ソマーズ版)って、
ほとんどボンドと同じキャラ・・・??
派手なアクションや器物損壊の中で何度も被って見え、

終わりあたりのシーンで背中に打ち込まれた釘?を引き抜くところでは
ついX3のシーンを連想してしまいました。
ヒューの名前がボンド候補に上がっていたのも納得しましたが、
これなら改めて(←ボンドはやってませんけど)やらなくてよかったかも、と
個人的には思いました。

ということで、ダニエル氏大健闘でした。
アクションも大変良かったし。
ただ如何せん、やはり 若く見えない 点だけは苦しかったでしょうか;;。
同じく候補に上がっていたクライヴ・オーウェンでも
やっぱり年齢的に苦しかった気がします。
個人的には笑顔のチャーミングな30~40代が大変好みなので

期待以上に楽しめました。
(でも露出はもういいかな・・・。)
最初にとんだり跳ねたりして軽快に逃げ続けたテロリストの身のこなしが
体操選手のようで、うーんお見事、と感心しました。
溺死ではじまり溺死で終わったのが見ていて息苦しかったです;;。
高所のシーンでは足がすくみ、痛そうなシーンでは耳をふさぎ、
五感をフルに使って堪能してまいりました(単純)。
あまり目の保養になる人がいなかったのが
ちょっと残念だったかな・・・(^^;;)。

ボンド映画というと、
いろんな小道具を駆使するというイメージがあったのですが
(エロイカに出てくるロレンスをつい思い出してしまい再びすみませんすみません・・・)
時代の方が追いついてしまい、
普通にケータイやバイオ(だったような・・・ノートPC)を使っていて、
返って仰々しさというか特有の形式美?が消えていて、
普通に自然に楽しめましたです。


字幕はやはり某女史でしたが、
カジノの専門家の監修が付いていたようです。
「専門用語は監修つき」が定着したのはいいことなのでしょうね。



時間を過ぎて飛び込んだので、
予告は「ディパーテッド」をちょっとだけ見られました。
豪華絢爛のキャストなのに、
目に飛び込んでくるのがなんでジャック・ニコルソンなんでしょうか(TT)。
こっちは公開が早そうでうらやましいです。
早くプレステージが見たいなー・・・。

|

« イブに指輪SEE。 | トップページ | 冬将軍来襲? »

映画感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イブに指輪SEE。 | トップページ | 冬将軍来襲? »