« 安芸の宮島・紅葉だより  | トップページ | ホビット映画の行方。 »

2006年11月26日 (日)

食べ歩きは楽しい。

Photo_5 海岸沿いに桟橋方面に戻っていくと、なにやら雅な音楽が。
オレンジの衣装をまとった人が
雅楽に乗って舞いをご披露されていました。(結婚式だからでしょうか?)
しばし対岸から眺めました。
引き潮ならもう少し近寄れるのですが、神殿と五重塔をバックにしてよい雰囲気でした。
結構飛んだり跳ねたり(いや跳ねてはいないか)
元気でユーモラスにも見える踊りです。

神社に入ると、結婚式のあとの写真撮影をしておられました。
(観光客にもどんどん写真を撮られてました。)
お式で働いた?とおぼしき女性職員の方が
グリーンがかった唐風の衣装を着ておられて、
とっても可愛らしかったです。
巫女さんの白い衣装以外のものを初めて見ました。

廻廊や燈篭をじっくり眺めてからおみくじを引いて退散。
(おみくじは吉だったけど、
「こうなりなとげてのち 世をゆづるのうらかたなり」って、
功成っても名遂げてもないんですけど;;
旅立が「よし」だからいいか。)
神社をあとにしたところで、大量の鹿に襲われている人に出くわしました。
やっぱりこれがないと・・・(何が?)。

Photo_6
      (↑私達じゃないですからね、失礼な、とは言ってないでしょうけど。)

ややお腹が空いてきたので商店街へ。
宮島ではずれなしと断言できるのは、焼きガキとあなごめしですが、
買い食いアイテムがかなり増えていました。
屋台は常に出ているのですが、
ほかに練り物をアレンジしたあつあつの棒状のものをかじっている人が多く、
種類もいろいろあるようでした。
(あなご竹輪は前からあったんですが、これはあまり見かけなかったです。)
焼きガキのカウンターは行列が出来ていました。
ですが、ここまで来たら、

やはり 焼きたてのもみじ饅頭 を食べなくては。

お店で買うとお茶を出してもらえますが、とにかく込み合っているので、
ついでに抹茶を飲んでいこうと、喫茶で焼きたて饅頭(こしあん)つきを食しました。

Photo_7←これです。)

幸せ~
・・・。(単純。)


落ち着いたところで、家用にと5個入りの袋を一つ買ったところ、
はいっとあったかい手焼きの饅頭を一つ手渡された。
ものすごーく嬉しかったです。
焼きたては本当に美味しいんですよ。
沢山のお店から山ほどの種類が出ていても、
寄るお店はこの先一生変わらない気がします。

桟橋まで戻り、切符購入。海を渡ってからもJRを利用する人は、JR航路に乗れば船と列車の切符をまとめて買えます。蛇足まで。

対岸に戻り、「うえの」のあなごめしを買って帰ろうかな~と思うも、
現在30分待ちだったのでパス。
そばのややリーズナブルなお店に入りました。
あなごはさっぱりしておいしかったけど、
ずっと背後でお弁当の注文の声ががんがん響いて落ち着かない。
外に出てみると、お店の人がせっせとお弁当の注文を取っており、
振り返って店を見ると、上の方に居酒屋の文字が。
料理屋(あなごのみ)兼弁当屋兼居酒屋だったのかな。
それであの勢い・・・納得しました。

最近すっかり軟弱になっていますが、体力が回復したら弥山に登りたいです。
お猿さん可愛いし(目は合わせられませんが)。

|

« 安芸の宮島・紅葉だより  | トップページ | ホビット映画の行方。 »

ちょっとお出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安芸の宮島・紅葉だより  | トップページ | ホビット映画の行方。 »