« ステップフォード・ワイフ | トップページ | アタゴオルは猫の森 »

2006年11月16日 (木)

これから見たい映画。

見たい映画が目白押しで
嬉しい悲鳴をあげているこの頃です。
なのに明日は忘年会(TT)。
(金曜日がレディースデイの映画館なのです。)
年末までにどれだけ見られるか、以下鑑賞希望作品。

「太陽」
「アタゴオルは猫の森」
「かもめ食堂」(再映)
「硫黄島からの手紙」
「記憶の棘」
「プルートで朝食を」
「敬愛なるベートーヴェン」
「麦の穂をゆらす風」
(メジャーどころの作品があまりないです;;。)

ほかに気になっているのが「イカとクジラ」(タイトルが^^;)。
「硫黄島・・・」を見る前に、「父親たちの星条旗」を
もう一度見ておいたほうがいいかしらと考え中です。


公開後すぐに見た「父親たちの星条旗」は、すばらしかったです。
戦争物なので実はあまり乗り気ではなかったのですが、
見終わったあともしばらく席を動けませんでした。
エンドロールになっても涙腺は働きっぱなし。
場面がフラッシュバックしては切り替わっていく構成で、
始めはついていくのに精一杯なのですが、
淡々と物語が語られていくのに従って、
見る人間に静かに戦争の実像を知らしめ、
それ以上であるはずの現実を
自然に想像させる力を持っていました。
ただ、リピートするにはかなり重いものがありました。
といいつつ、
今のところ今年の一押しはこの作品です。
クリント・イーストウッドは本当に凄い!
ハリウッド映画とは思えません。(最大級に褒めてます。)
とにかく見てください!と、
未見の人に片っ端から勧めている私です。


正直、映画館で見ると結構堪えますが、
終わる前にもう一度見ておこうかな。

|

« ステップフォード・ワイフ | トップページ | アタゴオルは猫の森 »

映画情報・よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ステップフォード・ワイフ | トップページ | アタゴオルは猫の森 »