2018年10月21日 (日)

オーケストラ・クラス

秋が深まってまいりました。少し肌寒いけれど快晴。

今日はオーケストラ・クラスを観てまいりました。
大きなドラマはなく、
フランスの学校で、
悪ガキを集めたクラスに手を焼きつつ
最初は辟易していた先生(プロの音楽家)が
いつしか一緒になって音楽を作り上げていくというお話。
口の減らないガキどもにも先生たちにも事情があり、
学校の施設もくたびれていたりして;;、
子供たちの親もいろいろ事情をかかえているけれど、
それぞれの優しさがあり、
最後は乗り越えてしまいます。
淡々とお話は進んでいくのですが
いつの間にかじわーっと感情移入が進み、
最後には涙腺にきてしまいました。
ここのところヴァイオリンを聴き続けていたのもあり、
劇中にメン・コンやシャコンヌが流れ、
音楽に縁のなかった子供たちや親たちを
演奏で説得してしまうのも凄かった。
というか、音楽で説得される親御さんたちも素敵。
子供たちが挑戦するのが
リムスキー=コルサコフのシェヘラザードというのも、
自分的にはツボでした。
(学生時代に格闘したことが;;。)
吹奏楽だったので、ヴァイオリンのソロはクラリネットで、
何度もフレーズを繰り返して
取り組んでいた友人の音を思い出しました。
ちなみに我が家にあるのはコンドラシン指揮の
アムステルダム・コンセントヘボウ管弦楽団(レコード!)。
もう長いこと聴いていません・・・。

まさか全曲演奏するのか??と思ったら、
適当なところで終わりました(そりゃそうか)。
フランス映画らしく、
淡々としていて、とても「大人」な作品でした。

実は、ひそかに猫映画でもありました。
おっきな愛らしい猫が登場。
台詞にも出てきましたが、
さて、本当に飼ったのだろうか。姿を見たかった・・・。

| | コメント (0)

2018年10月14日 (日)

読むのが先か、片付くのが先か。

ようやく秋らしく、
気持ちよく晴れてくれたこの週末でしたが、
朝の空気がきっぱりと冷たくなってきました。
日が差すとまだ若干の暑さを感じはしますが、
そろそろ本格的な秋到来。
そして案外冬の訪れも早いかも・・・。
くれぐれも風邪を引き込みませんように。
どうぞご自愛を。

季節がいいうちにと、
ワンデイ・ワンスィングよろしく
「一日に少しだけ片づけ」を始めたこの週末でしたが、
密林に行くのみならず、
雑誌を買いにリアル本屋さんに行くや
ついついまた手が伸びてしまいました。
そして片づけられない(読み終わってもいない)本の山が
また高くなり(果てしなく自爆)。
いずれ事が終わったら片づけようと思い幾星霜。
まだまだ終わりそうにないので、
読まなければならない本は増える一方です・・・(TT)。
(以下、趣味外の話題です。ご了承くださいm(_ _)m。)
でも、大事な話、です。


今日ぽちってしまったのはこちら。
海のものとも山のものともわかりませんが
読んでみたかったので。

許せないを許してみる 籠池のおかん「300日」本音獄中記

籠池 諄子
(双葉社)

もう一冊、
以前から読んでみたいと思っていたのですが、
すっかり忘れていました。

運命 文在寅自伝       
文在寅
(岩波書店)

そしてリアルでゲットしてきたのがこちら。
これもまたすっかり忘れておりました・・・。

お隣のイスラーム―日本に暮らすムスリムに会いにいく
森 まゆみ
(紀伊国屋書店)

もう一つ目についたこちらも。

拉致と日本人
蓮池透X辛淑玉
(岩波書店)

知らないまま放置してることが余りにも多いので、
ぼちぼちと自分の目で見て読んでおこうかと思いながら、
時間に追われる日々であります。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年10月13日 (土)

みどりさん再聴。

先日、購読している雑誌で
なかにし礼さんが「マイ・ラスト・ミュージック」として
絶賛とともに紹介していた記事を読みました。
それは、五嶋みどりさんの「シャコンヌ」、
バッハ『無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ』。
かつて天才少女として騒がれ、
今は海外で活躍されておられる、くらいの予備知識しか
持ち合わせておらず、
演奏を聴いた記憶ももはや怪しいのですが、
その後、音楽そのものを表現する
稀な演奏家であると
どこかで耳にした覚えがありましたので、
密林で探してみました。

いろいろな盤がありましたが、
曲名にこだわらず
(とりあえずバッハが入っていればよく、他のものも聴きたい;;)
口コミがよく、
コストパフォーマンスがこんなに良くていいのか!?と
思えるボックスをぽちりました。
日本版ではこのコスト減はありえないのでは。
思えば、映画のDVDボックスでも
日本の箱文化、特典類の細やかさは凄いと思ったものでしたが。
(今ははるか昔?となった指輪映画の記憶を元にしております・・・。)

届いたのが、これでした。
なんというか、BBCドラマ版指輪CDセットを思い出しました。
無駄はないです。気持ちが良いくらいに。
10枚組で3,827円ですよ・・・。

(密林リンク↓)
https://www.amazon.co.jp/ART-MIDORI/dp/B017YDJH4K/ref=sr_1_1?s=music&ie=UTF8&qid=1539404980&sr=1-1&keywords=%E4%BA%94%E5%B6%8B%E3%81%BF%E3%81%A9%E3%82%8A
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

THE ART OF MIDORI

とりあえず、一枚、聴いてみました。

ぐうの音もでませんでした。
正確に完璧に演奏するのは、当たり前。もう軽々と。
そのうえで、
音楽をこんなに軽やかに、荘厳に、
自由に、風や光のように自然に、
地上から離れられない自分たちに与えてくれるのか。

うまく言葉にできませんが、
そんな感じでした。

人間のカラダから解き放たれたナニカに
限りなく近づき、
これからもきっと近づいていくのだろうこの人は、と
思えるものを感じるのです。
(気のせいかもしれませんけど。)

まだまだ、9枚もの宝物が手元にあります。
なんという贅沢。
少しずつ、聴いてゆきたいと思います(^^)。

| | コメント (0)

2018年10月12日 (金)

今年も"Happy Birthday !!"

灼熱の夏がようやく過ぎ、
幾多の台風やら地震やら、
自然災害列島であることを思い知らされ続ける日々ですが、
気が付くと、また10月がめぐってきました。
今日はお祝いの日。なにはともあれ。
いつものように、勝手に、ですが。

Happy Birthday, Hugh !!!

今日は心静かに過ごそうと思いつつ、
見ておかねばと思っていた映画が公開になったので
観にでかけてしまい、
あまり心静かにとはいきませんでしたが、
おかげさまで映画もいろいろ見続けられております。
今日は、ヒューの映画はみられませんでしたが、
『グレイテスト・ショーマン』のCDは
ことあるごとにヘビロテしていますので、
今日はそちらを聞きつつ過ごそうかと思っています♪

ちなみに本日観たのは
『1987、ある闘いの真実』でした。
公開を心待ちにしていたのですが、
二時間強、画面から目を離すこともできませんでした。凄かった。
自分の国でも
緊急事態条項の恐ろしさを知らされずに
うっかり(まんまと)通してしまえば、同じ状況になることもあるわけで。
命も誠も踏みにじられる世界から
現在の民主政府を手にした隣国がまぶしく映りました。
黙っていたくてもできなかった、という若者に、涙。
嘘、ごまかし、改ざん、隠ぺいがまかり通り、
法律を破っても憲法を踏みにじっても、
そのあげくに開き直ることが問題にされない国に
いつから堕ちてしまったのか、
どこからやり直せばいいのかと思う日々。

人も自分もリスペクトし、
それぞれが好きなことを楽しめる世界で
皆が生きることができますようにと
改めて願ってやみません。

ということで、
今年も映画だけは見続けていて、
グレイテスト・ショーマンは7回(応援上映含む)、
そのあと爆音上映があり、レミゼと一緒にはしご鑑賞。
(レミゼも久しぶりに劇場で観られて幸せでした。)
何度観ても観たりない、
隅から隅まで完璧に詰まった完璧な映画です。
また上映があれば、絶対に足を運ぶでしょう♪
ちなみに来年のレミゼの舞台では
ついに(いえ自分的に)濱田さんがキャスティングされました。
絶対に観たいけれど、チケットが取れるかどうか・・・。

ヒューは私にとって太陽のような方ですが、
30代でも50になってもそれは変わらず、
たぶん永遠に、ずっとずっと幸せであってほしいと思うひと。
ミュージカルスターとしての彼が大変好きですので、
今年は本当に(私が)幸せでした(^^)。

これからの一年もまた、
健康とお仕事と、ご家族、それにお友達、
全てのものに恵まれて過ごすことができますように。
片隅から、心より、願っております。

| | コメント (0)

2018年5月10日 (木)

グレイテスト・ショーマンその後。

The Road Goes Ever On・・・

いつまでも続いてほしい上映でしたが、
今週で地元での公開は終了ということで、
見納めをしてまいりました。
応援上映にも参加?したので、
それを含めて7回。
多いのか少ないのか、微妙な回数ですが、
どれもしっかり楽しめました。

舞台のように拍手ができないジレンマから
もしくはお祭り騒ぎに参加したくて
応援上映にも行ってみましたが、
映画を「応援」するという意味だったとは(驚)!
・・・一度だけ参加したロッキーホラーショーの上映を思い出しました。

歌はもちろんのこと、
手を打ち鳴らしても足を踏み鳴らしてもよく、
初体験のサイリウムもゲットしてみましたが
(そして大変楽しかったですが)、
ちっこいシルクハットが歌詞の字幕の上を跳ねていくのを
ついつい眺めてしまって、
舞台を観る聴くの体験とはまったく違うものになりました。
集団カラオケかコンサートか、これは一体なんだ、という(^^;)。
(繰り返しますが、楽しかったです、本当に。)
PC画面で見ていたビハインドシーンを
大画面字幕つきで見られる嬉しいおまけもありました♪

いつまでも終わってほしくなかった~~と思ったのは
もう随分遠くなった指輪映画三部作。
あのお祭りは長かったです。リーフレットツッコミからはじまりましたし・・・;;。
その後にもたくさんお楽しみがありました。
延長版とかコンサートとか指輪展とか、
今思うと尋常ではなかった・・・。
あれこれが終わって、
ファラミア卿の面影が見たくて出かけた先で
予想だにしていなかった方にコロッとはまってしまい、
そのまま今に至る・・・なのでした。
ヴァンヘルもまた、気が付くとふらふらと4回観に行き、
そのあとの「お祭り」ぶりは
以前このブログにいくらか書いたとおりです。
あの時も上映が終わってほしくなくて、
映画館で観られなくなったあとは
ネットで片っ端から情報を追っていました。
あれから一体何年経ったのか。
そして今や
当時の私と同じように
まだまだ観たくて仕方ない人たちが
きっとたくさんいるのでしょう。

日本の津々浦々で、
誰より似合うシルクハット姿で舞い踊るヒューの姿が見られ、
大ヒットを飛ばしているという
もう嬉しいばかりの状況なのですが、
狐につままれたような心持なのも確かで;;。
彼の実力(人間力含む)からすれば、必然だったのかもしれませんが。
おかげで、遠出をすることもなく
地元の映画館で「舞台」の彼に会うことができるのでした。
それなりにいろいろあったけれど、
元気で観ることができて、本当に幸せなことでした。

そんなわけで、
その後、もう一度、じっくり観て(聴いて)まいりました。
今回最後の鑑賞でさらに思ったことを箇条書きで。
またいつか、映画館で会える日を楽しみに。


・次女最強!!いつでもまっすぐものをみているのは彼女。

・ガールズがとにかく可愛い、可愛い!!

・子供時代のP.T.が一瞬
 フロド(イライジャ)のように見えることがあったのですが、
 ジェニーと馬車だか汽車だかに揺られて眠っている彼が
 やはり港に向かうフロドと重なり(→絵面が似ているだけ;;)

・気のせいか、時々ヴァンヘルを思い出すシーンもあり。
 しかし、もっとハッピーな状況・物語なので嬉しい(^^)。

・ほかにも指輪映画を彷彿とするところがありました。
 限りなく気のせいなのだと思いますけど。
 あれ、これはどこかで、と思うことが時々あれど、
 一体何を連想(誤解?)させられているのか、
 その元の映画の名前が出てこない・・・(TT)。

・映画全体のバランスがとても良い。
 無駄な芝居部分がほぼない。
 キャラがどの方も立っていて魅力的。粒ぞろい!
 (セリフがあってもなくても。)
 歌とダンスはもう最高!
 メロディーラインもリズムも奇抜さはないのに印象的で、
 自然にテンションが上がるのがスゴイ。

・シルクハットと燕尾服、ステッキで舞い踊る舞台のヒュー!
やはりこれ以上似合う人は思いつかない。
(今更ですがここに尽きる。) 


片隅から、いつまでも応援しています(^^)。

| | コメント (0)

2018年3月21日 (水)

寒さが戻ってきています。

例年にないくらいの極端な「三寒四温」で、
東の方では雪が降り、
西の地でも雨とはいえしみじみとつめたく、
疲労がとれないお休みを過ごしております。
文字通り休んでおりますが、
本当は寝ている場合ではなく・・・。
(しかし無理をすると余計に動けない時間が長くなり・・・(TT)。)
寒さの中奔走する皆様に敬意を称しつつ、
どうかよい一日を過ごしておられますように。

最近気になっていることなのですが、
某ロトのCMについて。
何度見ても私にはキリスウンゴルのパ○にしか見えない;;。
家にいる(しかない)時間を利用して
何年か振りにDVDを引っ張り出して見てみたのですが、
やはり雰囲気が似ているような・・・。
そういう話を世間でまったく耳にしないので、
まったくもってただの「気になったこと」なのですが、
1人でつぶやいてみましたm(_ _)m。

さて、話題の『空海-KU-KAI-美しき王妃の謎』を観てまいりました。
原作のタイトルとも
映画の原題『妖猫伝』ともまったく違う邦題なので、
いろいろ物議をかもしたのではないかと推測しますが、
黒猫ではじまり黒猫で終わる化け猫映画で、
王妃(ではなく貴妃?)の「謎を解く」お話でした。
(先にノラネコさんのツイを見ていて
邦題に騙されて呆気にとられるということがなくて良かった;;。)
原作は未読ですが、
つい獏さんだなあ・・・とつぶやいてしまう妖しさ満載でした。
当時の大唐・長安を歩いているような心持のする
素晴らしい映像がどこまでも続き、
すみずみまで見応えがありました。
お話の展開は、
それこそ昨今のホームズ映画を思い起こすような
テンポの良さで、
中国の歴史を必死で頭の中で掘り起こしつつ
「猫」と一緒に心で泣いたりしておりました。
ああ、長い「旅」だったなあ、と
見終わって嘆息できる映画でした。
ただ、なんで吹き替えしかないの?という違和感は拭えず。
言葉がわからないにしても、
耳から受ける情報が「生」であるのとないのとでは
大違いだと思うのですが。

と思っていたところ、
字幕版の公開が始まるという広報が出ていました。
とりあえず、めでたし。
ですが、初めから普通に公開していただけなかったのは
しみじみと残念でした。

| | コメント (0)

2018年2月25日 (日)

そして二回目。

映画(お芝居)は二回観ないとよく理解できない、という、
自分の体質(能力(TT))は変わっていませんでした;;。

先日とは観る席を変えたところ、
音声が段違いに良くなって、がっつり心を掴まれたのに加え、
物語が頭に入ってから見直すと
何の瑕疵もないストーリーラインではないですか(←あくまでも自分的に)!
・・・と納得しつつ、やっと没頭できました。
ショーマンとしてのヒューファンとしては、
ただただ幸せ。眼福、耳(?)福そのものでした。
こんな日が来てくれて本当に良かった。

以下、昨日書き落としていた印象(自分突っ込み)をいくつか。

今更ながら、新婚の二人のシーンは
ニューヨークの恋人の「超」バージョンアップかと。
(マンゴールド氏が関わっていることを観ながら思い出しました。)

夢が踊り出す、どころか、「夢が暴走しっぱなし」。
歌とダンスの完成度の高さ、疾走感に加え、
バーナム氏の天才的な想像力と実行力万歳!!

まったく関係はないと知りつつも、
燃え上がるビルに飛び込んだ時に
ウルヴィーだからきっと大丈夫、と
つい無意識に思ってしまったりしました(^^;)。


もう一つ、今日しみじみ見直した点ですが、
バーテンダーさんが凄かった~。
なんというスピード、なんというタイミング。
どの方もそうですが、全てにおいてキレが素晴らしいです。

そもそも、これだけの水準のお芝居(ミュージカル)はそうそう見られませんが、
陽性のオーラが際立つ、元気を貰える映画です。
上映が続く限り、通うことになりそうです。

| | コメント (0)

2018年2月24日 (土)

グレイテスト・ショーマン

平日にかぶりつきで観てまいりました。
簡単に印象等を置いていきます。
平日でも結構たくさんの人が来ていました(嬉)。

のっけから、ブロードウェイショーだーー!!
・・・の予感どっさりで、
ヒューの歌とダンス、
それにアンサンブルの素晴らしさにがっつり心を掴まれました。
どのナンバーも高水準でしたが、
考えてみると、
「舞台から映画化」されていないミュージカル映画というものに
あまり馴染みがないことに(今更)気が付きました。
これまで見てきたものとなにげに印象が違うのは
そのためかも、とあとになって思いました。
自分は「映画」を観たのか、
このうえなくゴージャスな「ショー」を観たのか、
しばらく印象がまとまらなかったのですが、
時間がたってみて、
いろいろ「受け入れられて」きた気がします。
またこれから感じることも変わってくるかもしれませんが・・・。
(この週末に二回目を観てきます♪)

映画の予約をする際に、
速やかにパンフとCDを購入しておいたので、
映画を観たあとに早速ヘビロテしておりますが、
やっぱりヒューの声は好きです。
歌い方がほかの作品とは違うような感じがしましたが、
舞台風なのかなあと・・・。
きっと凄い声量に違いないです。
ほかの方の歌もどれも粒ぞろいなのがよくわかります。
ミシェル・ウィリアムスの歌も楽しみにしていたのですが、
パワフルで素晴らしい!なのに、優しい声です。
どのシーンのダンスも歌も極上!で、
場面の一つ一つの精度、キレっぷりがもう
本っ当に素晴らしいのですが、
いわゆる「物語の感動」をメインとする映画とは一線を画する
新しい映画のジャンルなのかもしれないなとも思いました。
ドロドロと(^^;)人間ドラマを展開する時間がないというか、
どんな役でも人間性が滲み出るヒューの特性が
端々に出ているという気もしました;;。
(ほかの方々もみんなとってもいい人。)
巷で言われているように、
舞台で演じられるのがより相応しい作品かもしれませんが、
いきなり映画で公開してヒットするというのは、
本当に凄いことかもしれません。
私など、映画館で見られること自体が幸福です。
この映画の構想の噂を聞いてかなりの年月が経っていますが、
こうして無事に制作されて、観ることができて、本当に良かった。
先にレミゼが大ヒットしたのも良かったのかも。

以下、観ながらちらちらと自分突っ込みしていたことをいくつか。
・ 歌いながらシーンが切り替わっていく演出が
  綺麗だなあと思っていたのですが、
  いきなり二名が大人になるシーンでちょっと固まりました。
  きっと20代くらいなのかな~と。(すみません;;)
  ヒューは30代からしか知りませんが(写真は見たことがありますが)
  ミシェルさんはめっちゃ可愛かったよなあ、
  落ち着いた大人の女性になったなあと、しみじみ。
・ 事務所のシーンが『プロデューサーズ』さながらで
  語りまくる演出も一瞬かぶって見えました。
  そのまま踊ってほしかった(違)。
  (ちなみにこの作品を観て以来、私は「多様性」にかなり抵抗がなくなりました。)
・ 酒場でフィリップを「口説く」シーン。
  四季でおなじみの『クレージーフォーユー』の酒場シーンを彷彿。
  ・・・したのは最初の一瞬、素晴らしい演出でした。
  このシーンは隅から隅まで好きです!
・ 歌姫との巡業。まさかと思っていたら、
  あ、やっぱりヒューだわ、と、
  リアルとは無関係なのを承知で思いました、すみませんm(_ _)m。
  (ヒント:愛妻家)
・ ラストのシーン。やはりリアルが重なりました;;。
  (ヒント:家庭第一、子煩悩)
  映画賞の式典に出席する友人の子供の
  子守をしていたエピソードが頭にちらつきました(^^;)。
そして、ヒューの笑顔はいつまでも変わらないなあと、つくづく。

もう一つ、突っ込みではないですが、
ブランコのシーンは本当に凄かったです。
このとんでもない演出で歌も完璧、
こんな「映画」が可能なんだと驚くしかありませんでした。
ザック・エフロンも良かったですが、
ゼンデイヤの魅力的だったこと。
二人とも素晴らしい歌声でした。


だらだらと並べてしまいましたが、
また音楽と映像の魔法に会いに行ってきます(^^)。

| | コメント (0)

2018年2月18日 (日)

はじめてのおもてなし

引き続き、映画絡みのつぶやきです。

年末年始頃?から、映画館に行くたびに
予告編のトップが
「グレイテスト・ショーマン」になり、
いつでも映画館でヒューに会える幸せの日々でした。
こちらでも上映が始まりましたが、
時間の都合でまだ観ておりません。
来週から見に行きます(何回観るつもりなのか自分;;)。

ということで、
今日は一週間限定公開の
「はじめてのおもてなし」を観てまいりました。
ドイツ人の一家が
難民のナイジェリア青年を受け入れるお話だったのですが、
大量の難民を受け入れる国の事情もあり
「希望のかなた」を思いつつ見たのですが、
青年を取り巻く人々の個性や事情が半端なく、
ユーモア満載!!
どんどん「事件」が勃発していって、
息つく暇のない面白さでした。
こんな「賑やかな」お話とは全く思っていませんでした。
一番「静かな」キャラクターが青年自身だというのが凄かった・・・。
野性味あふれる猫ちゃんもいい感じでした(可愛い・・・)。

観て良かったなあと心から思える映画でした。

http://www.cetera.co.jp/welcome/








| | コメント (0)

相変わらず映画だけは、の日々です。

長々とご無沙汰してしまっております。

なかなか心身共に時間を割くことができないと言っているうちに
体力が確実に落ちてきまして、
昨年秋くらいから、いろいろ不具合が出るようになってきました。
なので、
今年の目標は、一日に少しでも
自分のココロの喜ぶことに時間を使う、ということにいたしました。
これもできればいいな~と思っているところなのですが。

心と体が元気なときに(気力のあるうちに)
ときどきは更新してみようと思います。
・・・オオカミ少年になる可能性大ですが、
それはそれとして、
つぶやきや備忘録として、
時々書けたらよいなあと思っております。

年が明けた1月に、
どどっと映画を6本観ました。
(それが悪かったのか、その後一か月不調・・・;;。)
「人生はシネマティック!」で
なにがあっても生きろ!とどやしつけられた思いをし
(それに、ビル・ナイ様の歌が素敵でした。)、
そのあとに実にタイムリーに「ダンケルク」を観られ、
「否定と肯定」の冷静沈着な戦いに目から鱗が落ち、
「この世界の片隅に」のひとまずの見納めもいたしました。

「この世界の片隅に」は
すべて同じ系列の映画館で(応援もかねて)
結局18回観ましたが、
ファンの方たちの熱さに圧倒される日々でもありました。
(ツイッターでも、劇場の中でも。)
何度見ても凄いと思うところのある映画で、
作品自体の凄さ、映画としての凄さに加え
当時を知るにも今を考えるにも
この上ない史料であるということを
観るたびに感じます。
(同時に、やっぱり自分的にひっかかる点もやはり、あります。)
私も、かつて指輪祭りとヒュー・ジャックマン祭りで
燃え上がった過去がありますので
(指輪物語に関しては、私の中に常に言葉がありますし)
ファンの人たちの気持ちはよくわかる(と思う)のですが、
今回は地味に静かに、
自分のペースで応援していきたいなあと思っております。

今はイオン系列で上映が続いていますが、
また8月くらいに地元で上映してくださらないかなあと
ひそかに期待しております(^^)。















| | コメント (0)

«お誕生日おめでとうございます!!